行方不明だったウガンダ選手拘束、ウガンダ大使館「きょうにも帰国させる」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




東京オリンピックのために来日して行方不明になっていたウガンダ人選手が、7月20日に三重県で見つかり、警察は選手の引き渡し先について大使館や選手団などと調整を進めています。

 東京オリンピック・ウガンダ選手団の1人で重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手(20)は、7月16日に滞在していた大阪府泉佐野市のホテルに「生活が厳しく、日本で仕事がしたい」などと記したメモを残して、行方がわからなくなっていました。その後、7月20日午後3時すぎ、三重県四日市市で保護されました。警察に保護されて話を聞かれた際、セチトレコ選手は落胆して泣いていたということです。

 セチトレコ選手は7月20日の夜、ウガンダの大使館がある東京・渋谷区の警察署に移動したということです。警察によりますと、セチトレコ選手は不法滞在にはあたらず、今後の引き渡し先について大使館や選手団などと調整していました。

ウガンダ共和国大使館(東京・渋谷区 7月21日)

 そしてウガンダ大使館は、7月21日にコメントを出し、『現在日本の関係機関と調整しているが、セチトレコ選手について早ければきょうにも帰国させる』としています。

 その後、ホストタウンとしてウガンダ選手団を受け入れていた泉佐野市の千代松市長が7月21日に開いた会見で、セチトレコ選手について、『本人の意思で今夜帰国することが決まった』と明らかにしました。大使館の車で成田空港に向かい今夜の便で出国するということです。

続きを見る

・この選手は仮に逃げ通せたとしても、日本で仕事をする事はそんなに簡単な事じゃないよ。
正規のビザがなければ、違法な形で働かないといけなくなる。
犯罪をするかこき使われるか。早めに捕まって帰国する事は本人にとって幸せな結果です。

・日本は難民を受け入れない国。ウガンダ側もただの恥さらしなので迅速かつ厳正に対処してくれるだろう。今後もLDCの選手が亡命を企てようとする事例が起きるだろうけど、厳正に対処してもらいたい。オリンピック中はコロナだけでなく、やっぱり治安にも注意しなければ。

・なんだか可哀想な気もするけど、仕方ないのかもね
まあコロナが少し落ち着いたら日本に来るなりして下さいよ。但しルール守ってほしいな

・まぁ…苦しかったという気持ちは理解し尊重してあげたいですが、
でも無理なもんは無理ですからね。
例えここが移民難民大国のアメリカやドイツでも、こういった形では難しいでしょう。
何もしてあげられないが、変な処罰がされないよう願いたい。

・もっといい方法はなかったのか、、、でもウガンダの酷さも容易に想像できる。。。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加