【悲報】Zepp Tokyo、ヴィーナスフォートの複合施設パレットタウンの閉店が決まる→若い頃よく行ってた、デートと言えばここだったとの声まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




臨海副都心パレットタウン運営協議会は、開発事業の一部進捗に伴い複合型施設「パレットタウン」の営業を2021年12月より順次終了すると発表した。2022年1月1日にZepp Tokyoが、3月27日にヴィーナスフォート(VenusFort)が閉館する。

パレットタウンは、1999年3月に臨海副都心エリアで誕生。中世ヨーロッパの雰囲気が特徴的な商業施設ヴィーナスフォートをはじめ、Zepp Tokyoやモビリティの体験型テーマパーク「MEGA WEB」、「パレットタウン大観覧車」など多様な施設が集結しており、これまでに約4億人が来場した。MEGA WEBは2021年12月31日に、パレットタウン大観覧車とチームラボが手掛けるアート施設「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」は2022年8月31日をもって営業を終了する。

FASHIONSNAP.COM

みんなの声

「相当ショック!!ほぼだ〜〜れも平日歩っていない臨界都市にあるまさに異空間で、なぜかわからない地中海都市風の専門店街!よく電気グルーブを見に行く途中のTOYOTAショールーム!お台場から向こう側に見る水平線が美しい!!下が透明な観覧車!!!!ぜ〜〜〜んぶ想い出です・・ありがとう。。」

「若いころよく行きました。しばらく行ってないけど、時代の流れを感じますね。お台場は新しい街というイメージだけどデックスとかももう20年以上経つんですもんね。」

「ヴィーナスフォートなんて晩年は見る影もなく悲惨だったもんなぁ、客は中国人がほとんど。日本語よりも中国語が飛び交っている。一時代は築いたし、もう役目はとっくに終えてるんだよね。今の時代に即した何かに生まれ変わるだろうから楽しみにしてます」

「ヴィーナスフォートで働いていました。アウトレットが入る前から働いていました。借地権だからなくなるっていうのはその頃から聞いていましたが、震災を乗り越えここまでやってきました。東京から離れるまでここで働いたことは楽しくもあり誇りでもあります。同僚に久しぶりに連絡しよっとー!寂しくなりますね。。」

「デートといえばここでしたね、観覧車の中で告白したり東京湾花火大会を見に行って始まるまでブラブラしたり。次に何ができるのかはわからないですが自分の子供達が思い出を残せるようなものができればいいなって思います。」

「大学を卒業してすぐ、東京テレポートで下車し、徒歩で通えるオフィスで勤めていました。ヴィーナスフォートを横目に、朝早く会社へ行き夜遅く帰っていた頃が懐かしいです。夜になればいつもカップルがたくさん、夏休みは子どもたちとその御世話に追われる家族で賑やかに。いつか自分もこんなふうにここで過ごすのかなあと思いながら、せっせと働いていました。デートスポットや、家族団欒の場で無くなるのは寂しいですが、新たに何か開発されるのでしょうか。」

「独特の雰囲気をもつ商業施設だから、なかなか一新した方向改革とかできない。一旦廃れ始めると集客力は戻って来なくなるのかもしれないです。ひとつの施設だけでなく一掃するような終了で、次にどんな再開発があるんだろう。コロナ禍で寂しいニュースは結構多く伝えられているが、この終了はそればかりではない面もあると思う。でも残念な思いは強いです。」