辞任した小山田圭吾さん、開会式に楽曲は使用されないことが決まる→おめでとう、当然でしょの声まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、過去に雑誌で障がい者とみられる同級生をいじめていた過去を告白していたことを問題視されていた五輪開会式作曲担当のミュージシャン小山田圭吾氏の辞任を発表した。  

小山田氏が作曲した楽曲について、組織委の武藤事務総長は「小山田氏の楽曲については開会式では使用しない」と明言した。小山田氏は開会式担当の4人の作曲家の1人で、開会式オープニング映像とともに流れる4分の音楽を担当したという。  

問題発覚以降も留任を強調し続けてきた東京五輪・パラリンピック組織委員会は「組織委員会は小山田氏の行為は断じて許されるものではないと考えますが、先日、本件についての反省とお詫びを受け入れ、開会式が迫っているなか、引き続き準備に努めていただくことを表明しました。これは誤った判断であると考えるに至り、辞意を受け入れることにいたしました」と、辞任を受理したことを発表した。  

その上で「この間多くの皆様に不快な思いをさせたこと、混乱を招いたことを心からお詫び申し上げます」と、謝罪した。

デイリースポーツ

みんなの声

「報道されている内容が正しければ、小山田氏の行為は、いじめというより、悪質な犯罪だと思う。そんな小山田氏が平和の祭典の音楽を担当するなんて違和感しかなく、辞任して当然だと思う。」

「この件はイジメでは無くて少年犯罪、障害者への虐待です。組織委員会は、それを貢献とかで解任や辞任要求せずに、続投を判断したのは呆れ果てる。組織委員会がオリパラ精神の真逆をやっているのは恥を知れと言いたい。恐らく、トヨタはこの件を知って、オリパラCM 中止の決断をしたと推測する。その他のスポンサーも、組織委員会同様に、今回の件で、見て見ぬふりをしたのは幻滅だ。また学校観戦で、持ち込みの飲料まで指示を出すのは国民の反感にしかならない。」

『「この間多くの皆様に不快な思いをさせたこと、混乱を招いたことを心からお詫び申し上げます」じゃなくて障害者いじめを大々的に語っていた人物を起用したことを心からお詫びしてほしいんだけどねw』

「やればできるじゃん。組織委としても開会式が外国の人権団体やなんちゃら団体から大バッシングを受けるより、よっぽどましだったのでは。しかし発覚した先週のうちに即解任していれば、ここまで傷が広がることが無かったのに...」

「先週の段階でこの決断が出来ていれば組織委員会の信用もここまで失墜せずに済んだのに。と言うか、日本の人権意識に対する世界の信頼を低下させた責任は思い。オリンピックの理念を後退させた組織委は責任を取るべき。」

「問題が発覚した時点で処分を下し、別の音楽探すなりすればまだどうにかなったと思うけど、開会式金曜だぞ?小野田作曲の音楽を使用しないのは正しい判断だけど、その判断の遅さは致命的だわ。結局、組織委も「ガキの頃の虐め?大したことないっしょ?謝っておけば誤魔化せるだろ」くらいの認識でしかなかったと言ってるようなものだわな。」

「次に担当する人がいたとしたらマスコミ総出で、不祥事探しをされるだろうね。そしてその人は世間から抹殺される。それがわかってるから一発屋でも無ければ引き受ける人はいないね。結果的に安っぽい内容になりそうだな。」








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加