会社には内緒で自転車で「闇通勤」リスクは自己責任

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




新型コロナウイルスの感染拡大などを背景に、東京など都市部でじわりと広がる自転車通勤。ただ、事故のリスクなどから禁止する企業も少なくなく、会社に内緒で通勤する人たちもいます。 【画像】自転車事故、通勤災害として認められる・認められないケース ■自己責任で不安、会社に言えず自転車通勤  IT関連会社に勤める男性(25)は、天候の良い日は自転車で通勤する。自宅から自転車で片道5キロ、20分ほど走って最寄り駅で電車に乗り換え、渋谷の勤務先まで向かう。  会社には自転車通勤の制度はなく、会社にも伝えていない。  「勝手にやっているので自己責任で不安。制度化されれば事故に遭った時などリスクも軽減できるので、制度を導入してほしい」と話す。  東京・大手町で働く40代男性も、シェアサイクルでたまに通勤する。勤務先から禁止されているが、コロナ禍で地下鉄通勤を控えるようになり、昨春から始めたという。  「電車の定期代をもらったままなので、後ろめたいところはあり、『闇通勤』みたい。いつまで続くのか。会社には正式に認めてほしい」  通勤時の公共交通機関の密を避けようと、自転車通勤が増えている。au損害保険の昨年6月の調査では、「コロナ禍以降に開始した人」が全体の約2割(115人)を占め、「公共交通機関での通勤を避けるため」の理由が最も高かった。 ■通勤手当や駐輪場、事故のリスクなど課題多く  だが、企業が自転車通勤を禁止していたり、制度が整備されていなかったりすることも多い。  NPO自転車活用推進研究会(東京)の事務局長、内海潤さんは「これまで自転車は、一般的な通勤手段として認められず、会社として禁止や黙認することが多かった。私は『こっそりツーキニスト』と呼んでいます。問題があった時は大変なのですが、だまって通勤するケースが多いのが実態」と指摘する。  企業が自転車通勤の解禁に踏み込めない背景には、駐輪場の確保の問題がある。都心では駐輪場も少なく、企業で駐輪場の用意が難しいことも多いためだ。また、天候によって電車なども併用する自転車通勤者への通勤手当をどのように出すのか、といった問題もある。  事故のリスクを理由にする企業も多い。従業員個人が自転車保険に加入しても、通勤中の事故は企業の責任を問われたり、イメージの悪化につながったりする危険がある。

続きを見る

ネット上の声

自宅から5キロの最寄り駅まで自転車で行って電車に乗り換えて渋谷まで通勤って、職場まで自転車で行くんじゃないから自転車通勤とは言わないのでは。この人の場合最寄り駅まで自転車じゃなかったら路線バスだったのかな。僕の以前の勤務先では、バスの定期券は割引率が低いので、日によってバスに乗らないようだと定期券買うより回数券使った方が安くなるのでみんなそうしていたなんて時代があったが、近年は通勤費申請している通り定期券を購入しているかどうかチェックされるようになってしまった。バス代もらって実際は自転車か徒歩でお金を浮かせてたりしたら横領になるのでやってはダメだね。

車通勤だが、毎朝、夕の通勤時に必ず自転車の逆走行、信号無視、車道真ん中走行等、数々の無謀運転を見かける。
相手の無謀運転で事故っても、事故の過失割合は車の方が多くなることが判っているため、関わりたくないが、このコロナ禍で自転車通勤まで増えて気が気でない。
警察に厳しく取り締まってもらいたいが、違反金が無いためなのかそこまで取り締まってる様子は見られない。
せめて注意はしてもらいたいと思う

東日本大震災以降、自転車通勤は増えてるんだけど、それと比例して事故も増えてる。
それも有るから東京や神奈川だと自転車の自賠責や任意保険について煩くなってる(会社によっては任意保険入ってないと自転車通勤を認めないとか)昔と違って事故が増えてる分、未申請の通勤方法はお勧めしないねえ

この記事にある会社に隠れてやって事故起こすことが一番問題になると思います。会社にきちんと相談することがまず優先すべきでは
余談ですがうちの会社は自転車通勤OKで、定期代程ではありませんが手当も支給されます。ただし、経路として申請している場合に限られます。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加