SEGAがクレーンゲームで「一定金額を投入しないと景品を入手不可能なのは詐欺」と5億5000万円の損害賠償を請求される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




SEGAのアメリカ法人SEGA OF AMERICAが、景品ゲーム機「Key Master」について「実際には一定金額を投入しないと景品が取れないようになるなどの仕掛けが存在するにも関わらず、腕前次第でいつでも景品を取れるかのように偽っている」と500万ドル(約5億5000万円)の損害賠償を請求されました。

今回の訴えの中心となった「Key Master」は、UFOキャッチャーやクレーンゲームのような景品の獲得を目的とするアーケードゲームで、鍵穴状の枠内に鍵型のアームを差し込み、無事に枠を通り抜ければ中に入っている製品を獲得できるというシステム。どんな感じのゲームなのかを視覚的に理解したい場合は、以下のムービーが参考になります。

続きを見る

ネット上の声

知ってた。

そんなんみんな知ってるだろ

クレーンゲームは長くやればやるほど絶対に負けるような確率設定になってる

SAGI

知らない人からしたら絶対に取れない設定があるって本当に腹立たしいだろうな、普通にやる気なくすし

今のクレーンゲームはうまさ関係ないよな、確率がいい回に当たれるかどうかなんだよな







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加