【嘘だろ】IOC・バッハ会長さん、日本人を中国人と呼び間違える→彼は日本人を怒らせる天才なのかと煽る声まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が13日、都内で東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋下聖子会長と面会した。  

23日の五輪開幕に向けて、8日に来日したバッハ会長は9日から11日の3日間の隔離期間を終え、行動規制期間に入った。用務先を指定した形での活動は可能となったため、この日から始動した。「来日から6日が経ち、こうしてリアルでお会いすることができることをうれしく思う。ここまで準備の整った大会はない」と、日本側を持ち上げつつ「舞台は整った。あとはベストパフォーマンスをするだけだ」と、力を込めた。

ただ、日本国内には五輪開催やIOCへの反発の世論も根強い中で痛恨の言い間違い。「最も大事なのはチャイニーズピープル」と、中国人と言い間違えた。すぐに「ジャパニーズピープルの安全だ」と言い直したが、議場は気まずい空気が漂った。最後は日本語で「ガンバリマショウ」と、呼びかけた。  

会場となったビルには複数の警察官が警戒にあたるなど緊迫したムードに包まれた。  

14日には菅義偉首相、小池百合子都知事らとの面会が予定されている。国連の休戦決議のスタートとなる16日には、広島への訪問が調整されている。

デイリースポーツ

中国人と呼び間違えた問題の場面

【LIVE】五輪)IOCバッハ会長 橋本組織委員会会長に面会(2021年7月13日)

みんなの声

「橋本も菅首相も、国民の安全安心の為に実のある話しはしないだろう。そればかりか広島訪問を支援するのではないだろうか。国を代表する立場として、そうなったら万死に値すると思う。」

「広島だけじゃなくてもうどこも行かなくていいから閉会式までホテルに篭ってたらいいんじゃないかな。会談はリモートでもできるしオリンピックもそうめん食べながらテレビ観戦でいいじゃない。そうすれば誰も気に障らないしね。日本の夏を楽しみなよ。」

「去年コロナ無ければ、予定通り開催されていたのは言うまでももない。もしかしたら、天皇皇后両陛下との対談もあったと思う。しかし、さすがに今回は、両陛下の対談は無いと思うし、むしろ、両陛下はバッハ会長との対談は望んでないと思う。」

「あなた方は、日本旅行をしに来たんですか?バッハの広島訪問、コーツの長崎訪問共に中止。広島、長崎の知事さん、緊急事態宣言が発出している地域からの来県となります。断固拒否を表明してください。」

「本当にたった3日に隔離で出てきやがった。東京は緊急事態宣言中なのでバッハも県を跨ぐ不要不急の広島訪問なんてしないでいただきたい。そもそも菅が緊急事態宣言を再発令したのだからバッハの国内旅行を止めろよ。」

「形ばかりの3日感隔離は、特別扱いしていないとする既成事実作りで、バッハ会長ににとっては時差ボケも解け丁度良い休養に成ったのでは?」

「五輪が開催出来て莫大な利権に有りつけるのが余程嬉しいのだろうけど、国民におべっかを使い世界に向け美辞麗句で飾り立てるのは止めて下さい。余計に反感を買うだけですから。」







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『【嘘だろ】IOC・バッハ会長さん、日本人を中国人と呼び間違える→彼は日本人を怒らせる天才なのかと煽る声まとめ』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2021/07/28(水) 09:04:00 ID:ded32404d 返信

    ^_^だたあさ