「自公以外」ポスター、党員から「ネットの声」と叩かれる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




きっかけは、4度目となる東京都への緊急事態宣言の発令決定だった。その報道を受け、7月8日の昼ごろ、元日本マイクロソフト社長・成毛眞はFacebookでこう綴った。
〈緊急事態宣言は8月22日までか。しかし政府はワクチンをまともに配れない、オリンピック観客数などはいまだに決めれない。もはやグダグダなのだから、秋の総選挙は都議選以上の波乱が起こるだろう。とりわ政党名を書く比例代表区で自民党は大崩れするのではなかろうか。それに乗じて東京の飲食店は統一ポスターを用意するべきだ〉

続きを読む

ネットの声は

いいねえ。そのままそのまま…。 選挙後に泣くほど後悔しやがれww

ネットの声は今まで存在してたけど発信出来てなかった声だから、これは無視したらダメだよね。

つーか、ネットの声だけで政治やら経済が決まるなら、そもそも選挙要らなくなるので、それだけは民主主義としてやめた方がいい行動だと思うよ。

しょせんネットの声、ここまで言われて次の選挙を棄権しますか?

ネットの声とかいう幻想は、水増しや捏造が簡単に出来るという事をよくご存知で