イタリア、53年越しに悲願のEURO制覇→キックを止めたドンナルンマさんが凄すぎるとファンの想いまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




[7.11 EURO決勝 イタリア1-1(PK3-2)イングランドウェンブリー]

EURO2020(欧州選手権)は11日、決勝戦を行い、イタリア代表が53年ぶりの優勝を果たした。1-1で迎えた延長戦の末に勝負はPK戦へもつれ込み、3-2でイングランド代表を撃破。大会史上初めてPK戦を2度も制し、ジンクスを破っての歴史的戴冠となった。

準決勝では延長戦の末にデンマークを下したイングランド。決勝では決勝トーナメント1回戦のドイツ戦に続き、3-4-3のフォーメーションで臨んだ。GKはジョーダン・ピックフォード(エバートン)が守り、3バックはDFカイル・ウォーカー(マンチェスター・C)、DFジョン・ストーンズ(マンチェスター・C)、DFハリー・マグワイア(マンチェスター・U)。ウイングバックは左にMFルーク・ショー(マンチェスター・U)、MFキーラン・トリッピアー(A・マドリー)が入り、ダブルボランチはMFデクラン・ライス(ウエスト・ハム)とMFカルビン・フィリップス(リーズ)。3トップはMFメイソン・マウント(チェルシー)、FWラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)、FWハリー・ケイン(トッテナム)が並んだ。

対するイタリアは準決勝でPK戦の末にスペインを下し、2大会ぶりの決勝進出。これまでと同じ4-3-3のシステムを敷き、守備陣はGKジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)、DFジョバンニ・ディ・ロレンツォ(ナポリ)、DFレオナルド・ボヌッチ(ユベントス)、DFジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)、DFエメルソン・パルミエリ(チェルシー)。3センターはMFジョルジーニョ(チェルシー)、MFニコロ・バレッラ(インテル)、MFマルコ・ベッラッティ(パリSG)。3トップにはFWロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)、FWフェデリコ・キエーザ(ユベントス)、FWチーロ・インモービレ(ラツィオ)が入った。


 試合は前半2分、早くもイングランドが試合を動かした。ケインのポストプレーを起点にショートカウンターをスタートさせると、右サイドを攻め上がったトリッピアーがハイクロスを送り、ファーサイドに走り込んでいたL・ショーが左足でダイレクトシュート。これでニアポスト脇を射抜き、イングランド代表初ゴールが歴史的ビッグマッチでの先制点となった。

 一方のイタリアは前半15分すぎ、ジョルジーニョが右膝をひねって一時ピッチから外に出たが、ドクターがコンディションを見て再び中へ。それでも5-4-1で守備ブロックを敷くイングランドに対し、ベッラッティやバレッラがなんとかボールを前進させるも、危険なエリアにはほとんど侵入することができない。同35分にはライスをかわしたキエーザが単独突破から左足を振り抜いたが、低い弾道のシュートはわずかに左へ外れた。  イタリアは前半アディショナルタイム2分、右サイドを攻め上がったディ・ロレンツォのクロスボールにインモービレが反応し、右足でダイレクトシュート。ほぼ完璧なミートでゴール方向に向かったが、これはストーンズにブロックされ、ゴールを破ることはできなかった。

そのまま前半はタイムアップ。イングランドの1点リードで後半に入った。  イタリアは後半5分、バイタルエリアで前を向いたインシーニェがプレスバックしてきたスターリングに倒されてFKを獲得。今大会のイングランドが喫した唯一の失点がFKだったこともあり、同点の大チャンスとなったが、インシーニェのキックは右上に外れた。そして同8分、イタリアはインモービレとバレッラに代えてFWドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)、MFブライアン・クリスタンテ(ローマ)を投入した。

その後はインシーニェが0トップ気味のポジションを取り、キエーザが右から左のウイングへ移動。すると後半10分、インシーニェのポストプレーからキエーザが左を崩し、中央で再び受けたインシーニェが惜しいシュートを放った。また同17分には左サイドからカットインしたキエーザが次々にフェイントを繰り出し、右足でグラウンダーシュート。だが、これはピックフォードに横っ飛びで阻まれた。

それでも後半22分、イタリアがついにイングランド守備陣をこじ開けた。右からのコーナーキックをキエーザがニアサイドに蹴り込むと、ニアサイドでフリックされたボールをファーサイドでキエッリーニがつぶれ、ベッラッティがヘディングシュート。これはまたしてもピックフォードにかき出されるかと思われたが、ポストに跳ね返ったボールをボヌッチが押し込んだ。

イングランドは後半26分、トリッピアーに代えてMFブカヨ・サカを入れ、システムをこれまで採用していた4-2-3-1に変更する。それでも直後にイタリアに決定機。同28分にボヌッチのロングフィードからベラルディが抜け出し、惜しいボレーシュートを放った。すると同29分、イングランドはライスを下げてMFジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)を投入し、4-3-3に再びシステムを変えた。

勢いを増すイタリアだったが後半35分に苦しいアクシデント。ペナルティエリア内でフィフティーフィフティーのボールを争ったキエーザが右足首を痛め、一度はピッチに戻ったものの、MFフェデリコ・ベルナルデスキ(ユベントス)との交代を強いられた。後半43分には侵入者により試合が一時中断。この影響もあって6分間のアディショナルタイムが取られたが、試合はまたしても延長戦にもつれ込んだ。

イタリアは2試合連続3試合目、イングランドも2試合連続2回目の延長戦。延長開始直後、イタリアはインシーニェに代えてFWアンドレア・ベロッティ(トリノ)を入れる。同6分、イングランドはスルーパスに抜け出したスターリングが折り返すも、キエッリーニがブロック。直後にイタリアはベッラッティに代わってMFマヌエル・ロカテッリ(サッスオーロ)を入れると、イングランドも同9分にマウントに代えてMFジャック・グリーリッシュ(アストン・ビラ)を投入した。  

イタリアは延長前半13分、左サイドを駆け上がったエメルソンのクロスにベルナルデスキが飛び込み、ピックフォードのスーパーセーブのこぼれ球をベロッティが狙うも枠外。後半1分、イタリアはゴール正面からのFKをベルナルデスキが狙ったが、ピックフォードに収められた。同3分、イングランドはウォーカーからのロングスローを起点に迫力ある攻撃を繰り広げたが、これもドンナルンマに阻まれ、なおもスコアは動かない。

イングランドは最終盤、ウォーカーとヘンダーソンに代わってFWジェイドン・サンチョ(ドルトムント)とFWマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)を入れるPKを意識した采配。そのまま勝負の行方はPK戦に委ねられた。  

先攻のイタリアはベラルディが決め、後攻のイングランドはケインが成功させたが、イタリア2人目のベロッティのキックはピックフォードがセーブ。イングランドは2人目のマグワイアが落ち着いて決めた。ところがイタリア3人目のボヌッチが成功させた後、イングランド3人目はラッシュフォードのキックが左ポスト。さらに4人目、イタリアはベルナルデスキが成功したが、サンチョのキックはドンナルンマにセーブされた。  

ところがイタリア5人目、これを決めたら勝利となるジョルジーニョのキックもピックフォードがセーブ。守護神がイングランドを救ったが、最後はサカのキックをドンナルンマが止め、イタリアが戴冠を果たした。イングランドはPK戦のために投入した2選手が失敗するという悔やまれる形で初優勝を逃した。

ゲキサカ

みんなの声

「大会MVPにも選ばれたドンナルンマは、キャリア通算5回目のPK戦でした(ミランで3回、イタリア代表で2回)。その5回でいずれも勝利、見事というほかありません。自らのセーブで優勝を決めた直後、喜びはしゃぐ前にドヤ顔を見せたことに、22歳の守護神の豪胆さがみられました。16歳にして名門ミランでデビューを飾ったドンナルンマの末恐ろしさを改めて実感させられます」

「素晴らしい決勝戦。イングランドの3バックがうまくはまり、先制してからの守備は堅かった。後半、イタリアがメンバー変えて、リズムを取り戻す展開は面白かった。サウスゲート監督とマンチーニ監督の采配もよく、試合展開に出てた。最後はPK。ドンナルンマの集中力と落ち着きはすごいとしか言いようがない。そして、GKの動きを見ながら蹴るジョルジーニョに対して、ピックフォードが動かず我慢してる駆け引きも見応えあった。イタリアの優勝おめでとうございます。イングランドも素晴らしかった」

「PK職人ジョルジーニョが止められた時心臓止まりかけたけど、やっぱりドンナルンマ。素晴らしすぎるし、ようやくイタリアの復権が示された大会だと思う。改めてマンチーニ監督含めて素晴らしかったし、アウェーで勝てたのはかなりの財産。このままW杯もええとこまで行って欲しい」

「イタリアでもユーロ優勝は2回目なのか。やはりユーロで優勝するのは困難だと思い知らされる。
数々の強豪を破っての優勝。こんたいかいのイタリアは間違いなくナンバーワンだったね。2012年ユーロ決勝のリベンジができて良かった」

「ドンナルンマは一本目だったかな?決められたけど、方向もあってて、かなり惜しいのがあった。大会通じて一番残念だったのは、準決勝のイングランドのPK判定。イングランドは、準優勝にふさわしい素晴らしいチームだと思う。だからこそ、疑問の出ないような形で勝ってほしかった。デンマーク、スイスとかスター軍団ではないチームの健闘もよかったそして、WOWOWオンデマンドがちゃんと写ってよかった」

「成功したPKは忘れられるが、失敗したPKは永遠に忘れることができないと言うバッジョの名言を両チームの選手に送りたい。両キーパーが凄すぎただけ。特にサカなんかは引き摺らないで欲しいな」

「良い試合でした。皮肉にもPK要因で出されたサンチョとラッシュフォードが外すとはね。にしてもサカにとって5人目、あの場面はきつかったね。ドンナルンマが流石でした。ただ個人的には準決勝のスターリングの場面にしこりが残ってたから、イタリアの優勝は嬉しいかな。ともあれお疲れ様でした!」







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加