TKO木下「なぜここまで嫌われているか」心境語る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1




昨年3月に松竹芸能を退所したお笑いコンビ「TKO」木下隆行さん(49)。立ち上げたYouTubeチャンネル「木下プロダクション」が未曽有の低評価を記録するなど、後輩に対するパワハラ騒動などの逆風も残りますが、風を受け続けたからこそ見えたものとは。そして、自身の「軸」と話す「TKO」の相方・木本武宏さんへの思いとは。

未曽有の低評価

 今、仕事の中で物理的に一番時間をかけているのはYouTubeだと思います。ただ正直な話、これでずっと生きていくとは思っていないところもあります。

 というのは、あくまでも軸は「TKO」で、本来「TKO」があるからこそのYouTubeであり、これまででいうとお芝居の仕事だったりすると思っているので、自分の中の軸が「TKO」であることは、これまでも、これからも変わらないと思っています。

 ただ、僕が松竹芸能をやめてすぐに始めたのがYouTubeでもありました。これも正直な話、消えたくなかったし、忘れられたくなかったし、とにかく打席に立っておかないと自分自身が錆びるとも思ったので始めたんです。

 そうやって立ち上げたチャンネルだったんですけど、その結果、アップした動画に対して日本一の“バッド”数をいただきました。

軸のブレ

 何が悪かったのか。自分でもいろいろと考えました。一つはタイミングだと思います。騒動や不祥事を起こした場合は、休むというか、謹慎というか、自粛というか、そういういわゆる冷却期間があるのが今のセオリーになっている。

 ただ、僕の場合は逮捕されたりした事件でもないですし、当該の後輩とも当事者同士の和解も終わっていたので、なんとか前に進まなきゃという思いがまずあったんです。

 それが時期尚早だとか、節操なく映った部分もあったんだろうなと。

 あとは、僕の芸能界での立ち位置的なところだと思います。ありがたいことにドラマなどのお仕事をたくさんいただいて、俳優業をやっているイメージが強くなっていた。バラエティーに出て面白いことを言い合ったり、自分の意見を言ったりするような、いわゆる自分自身の“脳”を出す姿が少なくなっていたんだと思うんです。

 僕からすると「キングオブコント」にも必死で取り組んでいたし、ライブも毎月やって、ラジオも一生懸命にやってはいたんです。だけど、そういう芸人的な部分を広く届けることができていなかった。

 それでいて、ミュージシャンや俳優さんと交流を持ったりすることが目立ったりもしていた。そういう積み重ねで芸をおろそかにしていた。もしくは、おろそかにしていたように見られたんだと思います。

 自分の軸がない。軸がブレている。それでいて、フワフワと露出はある。そういう人間が落ちていくのを見る気持ち良さ。是非はともかくそういうものは世の中にあるものだと思いますし、僕の中にもあるものやと思います。きれいごとじゃなく言うと。

 こういう文脈で名前を出して申し訳ないですけど、でも、これは僕としては完全に良い意味で捉えているのが、例えば(千原)せいじさんだとか「千鳥」の大悟は何かスキャンダルがあっても収まるのは、しっかりと芸人やからやと思うんです。実績も、実態も、腕もあるとみんなが認めるという意味で。

 僕も芸人としてやってきたつもりだったんですけど、そうは見られていなかった。それが低評価の根底にあることだと今は感じています。

 最初の頃は、リアルな思いとして「こんなに嫌われてるんや」「こんなに言われるんや」というのがすごくありました。そして、シンプルにイヤでした。

 もちろん、やってしまったことはダメなことやから、そこに火種があってのことというのは分かるんです。ただ、ここまでなんか…と。

続きを見る

ネット上の声

ここまで来たら、可哀想になってくる笑

この記事を書くことでさらに追い討ちをかけていく

パワハラは受け入れられないぞ。 笑いを取ろうとするとパワハラがチラつく

コイツは嫌われて当然







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加