西村大臣さん、「休業しない店の情報を金融機関に渡すぞ」→貸し剝がしをする気か?脅しか?と怒る声まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




西村康稔経済財政・再生相は8日夜の記者会見で、休業要請に応じない飲食店の情報を金融機関に提供する考えを明らかにした。「金融機関からも順守の働き掛けをしてほしい」と述べた。関係省庁と調整中という。店舗への協力呼びかけの強化につなげる。

政府は緊急事態宣言を発令した地域で、酒類を提供する飲食店に休業を要請する。西村氏は酒類を販売する事業者にも要請に応じない飲食店と取引しないよう求めた。

日本経済新聞

みんなの声

『「金融機関にも働きかけを」、って具体的にどのような働きかけを念頭においている?要請に従わない飲食業者には新規、繋ぎ融資の取り組みについても見直せってことかい?まるで反社への対応みたいじゃないか。この人のこの発言、しっかり覚えておきます。コロナが収束したときに、いかにあの時期が狂っていたのか。その最たる例の一つとして書き溜めておきます。』

『法律ではなく、政府の「にらみ」「圧力」で金融機関を動かして、資金を回さないようにして、酒販売業者を黙らせる。こんなやり方は、民主主義国家のやることではない。異常事態だ。独裁国家の誕生だ。こんな政府をのさばらせておけば、日本が滅びるぞ。』

「これは酷いですね…金融機関側も業務範囲外だからと、国相手だろうが勇気を出して断って欲しい。」







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加