【速報】ハイチの大統領、暗殺される。特殊部隊により

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




【サンパウロ時事】政情不安に陥っているカリブ海の島国ハイチからの報道によると、ジョゼフ暫定首相は7日、ジョブネル・モイーズ大統領(53)が自宅で武装集団に銃で暗殺されたことを明らかにした。 【別写真】ハイチのモイーズ大統領  ジョゼフ氏が全権を掌握したという。  ジョゼフ氏は「大統領は自宅で、英語とスペイン語を話す外国人らによって暗殺された」と述べた。大統領夫人も銃撃されて負傷。ハイチでは今年2月にクーデター未遂があったばかりで、モイーズ氏は「(首謀者らは)私の命を狙っていた」と主張していた。AFP通信によると、ジョゼフ氏は週内に更迭されるとの観測が広がっていた。  モイーズ氏は2017年2月に就任。任期は22年2月までだが、任期開始の起点をめぐる解釈の違いから野党は退任を要求していた。議会は選挙が実施できず機能不全に陥っており、モイーズ氏「独裁」への批判が高まっていた。 

続きを見る

対立勢力が放った部隊なのでしょうが、
国際社会は正当な選挙を経て選ばれた大統領でないと
決して認めないと思います。

発展途上国ってこういう大統領暗殺事件がちょくちょく起きるよな。
古くはコンゴのルムンバ大統領とか。

暗殺とかいまどきあるのか

クーデター未遂事件があってから、数ヶ月。
とうとう反政府側が成功させた、というべき。

日本じゃせいぜい聖火ランナーに水鉄砲かける程度だが、国が安定していない所ではいつ内戦が起きてもおかしくない。
戦争は起こしてはいかんが、ある程度の軍事的緊張感は持ち続けなければ。

ハイチは今まで何十人もの大統領が暗殺されてきた国。
長年アメリカなど大国の代理戦争の餌食になり、情勢が安定した試しがない。
スラムが広がりストリートチルドレンが飢えて死んでいく町からフェンス一枚隔てた港に停泊するのはアメリカからの豪華客船。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加