体育の授業中、マスクどうすれば…熱中症リスクも児童「感染怖い」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




 熱中症のリスクが高まる時期を迎え、学校現場では体育でのマスク着用を巡り対応に苦慮している。文部科学省は「運動時は不要」としているが、新型コロナウイルス感染への不安から、マスクを外せない児童生徒もいるためだ。

 6月22日、大阪府豊中市の市立小学校。6年生約30人が、体育の授業で走り幅跳びを行った。熱中症を防ごうと、担任が「マスクを外しましょう」と呼びかけたが、女子児童は「マスクがないと感染が怖い」と話し、いったん外したマスクを再び着け直した。

 この小学校では6月中旬、マスクの着用を希望する場合、保護者から担任に申し出るよう文書で求めた。校長は「小さな体調の変化にも気をつけたい」と語る。文部科学省

 東京都世田谷区は「マスクを外したくないと考える保護者もいる」として、着用の希望には個別に対応するよう区立小中学校に求めた。授業内容によっては見学も認める。区教委は「マスクを着ける子供には特に気を配り、こまめに声をかけるよう指導している。教員の負担は大きいが、子供たちの命を守るために神経を使わないと」とする

続きを見る

何で現場が考えなくてはならないんだ?
そんなの文科省なり教育委員会なりが規定を作ればいいだろ。
現場はその通りに体育の授業を行う。
それで事故が起こればそれは現場の責任ではなく、
管轄省庁の責任。

〉保護者の理解を得る努力が必要だ

いくら努力しても理解できない保護者もいるからな
99%の保護者が理解できてることが理解できない保護者もいて、こんなのいくら努力したって理解させるのは無理

そうなれば途中休憩を挟むなど柔軟な対応をとるしかないんだろうな

酸素不足で脳の発育が心配だ
本来なら子供には最優先でコスト掛けるべきなのに、未来を潰す大人しかいないってのは世も末だな

マスク依存ですかね、子供らはまじめだから、可哀想に。一部の大人達のせいで。

どこまでおかしいんだよ、若者は完成しないだろ

マスクとか別にいらない

老人だけ家でゆっくりしていればいいんだよ、こうやって日本の若者の教育の機会が奪われるんだろうな







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加