有線LAN端子がついてる有機ELディスプレイのSwitchが発売予定→ファンらの熱い考察と想いまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




任天堂は6日、有機ELディスプレイを搭載した「Nintendo Switch(有機ELモデル)」を、10月8日に発売すると発表した(メーカー希望小売価格3万7980円)。本体色は「ホワイト」と「ネオンブルー・ネオンレッド」の二色から選べ、日本、北米地域、欧州地域、豪州地域、アジア地域(中国を除く)での発売を予定している。(※有機ELディスプレイは、ピクセル一つ一つの有機EL素子が自ら発光することで画像を表示するディスプレイ。深い黒色を表現できることが特長。)

Nintendo Switchに有機ELモデルが新たに加わることで、「Nintendo Switch」、「Nintendo Switch Lite」とあわせ、ユーザーの好みとライフスタイルに合ったモデルを選択させるのが狙い。

鮮やかな発色が可能となる有機ELディスプレイを搭載しており、画面の縁がスリムに。「Nintendo Switch」とほぼ同じ本体サイズの中に、7.0インチの有機ELディスプレイが搭載される。(「Nintendo Switch」は6.2インチ液晶、「Nintendo Switch Lite」は5.5インチ液晶)。

ワイドで安定感の増した背面スタンドを立てれば、コントローラーを分け合って、テーブルモードで対戦プレイや協力プレイが可能となる。さらに「Nintendo Switch(有機ELモデル)」のスタンドは、お好みの角度で固定できるフリーストップ式を採用。見やすい角度の画面を囲んで、快適なゲームプレイを楽しめる。

付属のドックには、2つのUSB端子とテレビに接続するためのHDMI端子に加え、新たに有線LAN端子を搭載しており、TVモード時に安定したオンラインプレイを行うことができる。

付属のドックには、2つのUSB端子とテレビに接続するためのHDMI端子に加え、新たに有線LAN端子を搭載しており、TVモード時に安定したオンラインプレイを行うことができる。

ORICON NEWS

みんなの声







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加