都議選で、第1党を争い善戦した都民ファースト→協力する都ファと自公が対立してるように報道するのはやめてほしいとの声まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1




4日に東京都議会選挙が行われて、事前の世論調査では都民ファーストの会が劣勢であると報じられていたが、開票が進む中で現時点(5日03:00)では告示前の45議席からは減らしてしまっても31議席であって、33議席の自民党に迫る勢いである。自公は議席数を合わせても、64議席の過半数に到達することは出来なかった。

31議席の都民ファーストと、一方で33議席獲得の自民党と23議席の公明党の議席数を合わせると56議席であるが、議会では協力する自公と都民ファーストの議席数が比較されて対立しているかのように報じられていることに違和感を覚えるような声が見られた。

ネットでは、「都民ファが反自民だと思っている人いまだにめちゃ多いのよ。」の声や「こういう分け方がもうおかしいんだよ 都民ファ自公は議会では一心同体なのにまるで対立してるみたい」のような意見が見られたため、それらの一部を紹介したい。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加