100円ローソンさん、「ご飯とウインナーのみ」弁当を発売する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




コンビニのローソンストア100に、おかずが“ソーセージのみ”の潔過ぎる弁当が登場しネット上をざわつかせています。小学生がお母さんにリクエストするやつや……!

この弁当が話題になったきっかけは、ぽるすさん(@Einpolster)のツイート。「うそみたいな弁当あってつい買ってしまった」というツイートに添付された写真に写っていたものは、ごま塩ご飯とケチャップの掛かったソーセージ、そしてその下に少しスパゲティが入っているのみという市販品とは思えぬ構成のお弁当です。映えとか彩りの投げ捨てっぷりがすごい。

価格は200円(税別)と大変な破格で、ぽるすさんの感想は「普通の赤ウインナーに見えて、ちょっとびっくりするくらい燻製の香りと風味がしっかりついてておいしかった」とのこと。見た目で判断してはいけないやつだったようです。  

ネット上では実現に3年掛かったといううわさもあるこの思い切った弁当は、一体どのようにして生まれたのでしょうか。ローソンストア100に話を聞いてみました。 ―― 「3年ぐらいかけて考えたらしい」といわれていますが実際に開発に3年かかったのでしょうか。 ローソンストア100: 正しくは「発売までに10年かかった商品」です。ある運営部長が10年前から、おかずがウィンナーだけの弁当を作ってほしい、絶対売れる、という要望を商品部に出し続けてきましたが「そんなの売れない」と却下され続け商品化までこぎつけておりませんでした。  しかし10年目となる2021年、現在のお弁当開発担当者が熱い情熱に押されてウィンナーが5本入ったお弁当を開発しました。価格の200円は、「300円や400円では売れない、200円が必須!」というこだわりによるものです。これで発売へのGOが出て、6月30日に10年越しの商品化が実現し発売しました。

続きを見る

みんなの反応

通常コンビニでは真似できないプライスゾーンだったのが成功要因になったと思います。超シンプル弁当だけど、子供の頃に誰もが想像した「まさに夢の弁当」。

今後も、1点集中おかず弁当としてシリーズ化してほしいですね。それが、通常コンビニとの差別化にもなるでしょう。

10年かけて説得させた部長さんが本当に凄いと思う。
そこまで情熱をかけて、これを出すと言うのが本当に凄い。

少年の心を失わない運営部長さんカワイイな(笑)

あるマーケティングのプロが、「売れる商品は理屈ではなく、本能を刺激するものである」、と指摘してました。ある意味、この言葉を象徴した商品であり、今後どのような展開をするか注目されます。