DCコミックの映画、「アクアマン」が地上波初放送となる→カットされたシーンもあるぞとファンらの熱い想いまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




ジャスティス・リーグに初登場して出演したジェイソン・モモアの演じる、DCコミックスの実写版のヒーローであるアクアマン初の単独主演作が、本日地上波で初めて放送された。アクション・アドベンチャー系の作品で、アクアマンは、地上征服を考える海底帝国アトランティスの企みを阻止するために立ち上がる。ちなみに、監督のジェームズ・ワンはワイルド・スピードSKY MISSIONやソウの監督を務めている。

アクアマンは海底王国アトランティスの女王アトランナと灯台守の間に生まれた設定であり、異父弟であってアトランティス王国の王のオームは人類が地上を汚染していると主張して怒り地上征服をしようとする。しかし、海底王国ゼベルの王女のメラに頼まれたアクアマンがオームの暴走を止めるところから、ストーリーは発展していく。

海底王国ゼベルの王女のメラが花束を食べ物と思って食べたが、それを見たアクアマンも花束を食べるという優しさ溢れるシーンがカットされていたため、地上波ゆえにカットされるファンの好きなシーンも話題になった。

ファンにとっての待望の地上波放送ということもあり、Twitterのトレンドにアクアマンが登場する程のネットユーザーによる関心の高さが顕著に現れている。そのため、ファンの意見や声をまとめて、それらの一部を紹介したい。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加