手越祐也「実はメンタル弱い」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




昨年独立し、YouTuberや実業家としても活躍している手越祐也が、ソロアーティストとしてデビューすることを発表。独立時の会見は賛否が分かれ、現在もなにかとネットやSNSで話題になる彼。「ハダカで野原に走り出したような」独立、楽しいことばかりではなかったこの1年、手越が感じたこととは? 実は「メンタルはそんなに強くない」と明かした彼が、世間の批判をどう受け止めているかについても聞いた

続きをみる

ネット上の声

面倒くさい部下によくいるタイプ、自分の周りにはいないでほしいタイプ

手越さんは世間から賛否両論あることを利用して、独立してからもこのように自身のことを話す機会が多いため、それが宣伝に繋がっている面もあるのではないかと思われます。

メンタルが弱いからかまってちゃんで注目を集めたい欲求が強い。
元ZOZO社長の前沢氏も同じ感じ。

「自信」だけはあったと言うけど、何の根拠もないソレは世間一般では「自惚れ」と言われるものなんだよな。
「自由になって何でもできる」とでも思ったんだろうけど、結局何をやっても中途半端になってるし。
最近何だか弱気になってる感があるけど、唯一の武器である話題性が一年前の百分の一、千分の一になって、ようやく現実が見えてきたのかもね。

以前はそれぞれ、プロデュースしてくれる方がいて、仕事も半自動的に持ってきてくれる方々がいました。それって、ありがたいことなんですよね。

イッテQの男3人祭りがトリオコントみたいで何気に好きだったんだよなー。たまに動画見てる。
手越くんと内村さんがボケで、大輔さんがツッコミで。
また見たいと思うが難しいだろな。

手越の動画つまんないなーって思ってテレビの時と何が違うかって角度でよく見てます。

自分語りとか自己満足コンテンツなど手越に興味ある人以外は取り込めないような動画が多いのと、上から目線でトークしてるのがそのうちユーザー減少するんだろうなと感じました。

Youtuberとして活動している人に興味がなければ、その人の動画を見ることはないけど、テレビは好きな番組にゲストとして出演することもあるから、興味がなくても自然と見てしまう。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加