スマホRPGゲームのメギド72で、主人公ソロモンの祖父ダムロックの過去が話題に→ファンの熱い考察と想いまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1




メギド72は、ソロモン72柱の悪魔(メギド)とともに世界を破滅から救うスマホRPGゲームであって、序盤で主人公の住む村が壊滅したり道中で関わる人達が犠牲になったりする一方で、希望を持たせるストーリー展開もあり詳細に設定された捨てキャラがいないストーリー構成となっている。

産みの親との記憶がない主人公のソロモンの育て手の親が祖父のダムロックであって、両親のことを話してくれたことがない。愛情を持って育てられたソロモンは、ダムロックが夜中一人で泣いている姿を見かけた。気配を悟ってソロモンを見たダムロックの目には憎悪があった。ある日祖父のダムロックが村長にソロモンを預けて一人で旅立ち姿を消したが、グロル村には二度と帰って来なかった。10歳だったソロモンはそれ以来会っていないとのこと。

このようなストーリー構成や伏線を受けて、今回主人公のソロモンの祖父のダムロックについての話題がTwitterのトレンドになる程話題になったため、ネットで見られた考察や意見をまとめて紹介したい。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加