アキバの老舗牛丼店「牛丼専門サンボ」に潜入!緊急事態宣言後で客足戻る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

我々日本人なら牛丼といえば何を想像するだろうか、「吉野家」「すき家」「松屋」「なか卯」といったところだろうか
ラーメン屋は数え切れないほどあるのに牛丼屋はこれ以外見たことがないと言っても過言ではない中都内で牛丼一本でやっている店を発見。

牛丼以外になにもいらない。

こちらの「牛丼専門サンボ」本当に牛丼しか売っていない、今どき牛丼チェーンでもカレーを売る時代に牛丼1本で稼いでいるのだ。

メニューは実に
牛丼並500円
 大盛600円

サイドメニューは生卵と味噌汁しかない。

このメニュー構成と”覚悟”をみると実は牛丼チェーン店よりサンボのほうが真の意味で”牛丼屋”なのではないか?と思う。

甘み少なめ、吉野家が好きな人にピッタリ

実際の味はどうだろうか、筆者が頼んだのは牛丼並盛と生卵、味噌汁のフルセット

実に豪華だ。

トレーやお盆に乗ってくることはなく器が淡々とお店の”マダム”により配膳されていった。

筆者はまず牛丼の”素材そのままの味”を愉しむため半分は生卵をかけずにいただくことにした、普段なら絶対にしなことだ。

口に入れてみてまず感じたことは「甘みがすくない」、純粋に出汁と醤油の濃い味が醸し出されその後に広がる後味が非常に良い。

やはり牛丼一本でやっているだけはある。

筆者は以前なか卯の牛丼を食べたとき非常に甘ったるい感じがして嫌だったのでなか卯が好きな人にはあわないのかもしれないが甘み少なめの吉野家の牛丼が好きな人には非常に合うと思う。

さらに気づいたことは肉質が非常によく、肉厚であること、他のチェーンの牛肉は非常に薄く感じるほどに肉厚で歯ごたえが感じられた。

牛丼専門サンボの値段設定は並盛1杯500円、他のチェーンよりも120円ほど高い設定になっているだけあって素材はいいものを使っているのがわかる。

量も並盛と書いてあるが、牛丼チェーン店の並盛を考えてはいけない。
実際は吉野家の「アタマの大盛」と「大盛」の中間くらいの量がありそう思うとコストパフォーマンスはいいのかもしれない。

「牛丼専門サンボ」にまつわる伝説

こちらの「牛丼専門サンボ」ウィキペディアにも書かれるくらい有名な老舗牛丼店であるが、その長い歴史故に様々な言い伝えがある。

店員が客を叱り付けることで知られる。一般的な牛丼店と異なりつゆだくが注文不可になっているほか、ヘッドフォン着用禁止、質問の禁止、携帯電話の電源は切る、会話は小声、オーダーは食券機で食券を買いお茶が出てくるタイミングで渡す[5]、写真の撮影などは厳禁、といった暗黙のルールが利用者の間で知られている[1][6]。そのため、秋葉原にある一見客の入りにくい牛丼店として、専門書にて写真とイラスト入りで紹介されている[7]

ウィキペディア引用

他にも

①注文を取りに来る前に絶対注文するな!
②店内で携帯の通話は厳禁
③うるさい子供は出入り禁止(とにかく子供が嫌い)
④高額紙幣で支払うと不機嫌になる
⑤店内では静かに食え
⑥暑い夏であろうと絶対熱いお茶、水を飲みたい場合は死を覚悟する
⑦牛皿ってなんですか?って質問すると怒る

との伝説も拝見された、だか実際筆者が知らずに店内で写真を撮ったところなにも言われなかったし水も熱くはなく(冷たくもない)ぬるま湯だったし会計も券売機で全自動だったので以前とは方針を変えたのかもしれない。

とにかく牛丼一本だけで勝負しているプライドをもったお店であることは確かだ、秋葉原を訪れた際には一度出向くのもいいだろう。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加