コロナワクチンを保管する冷蔵庫のプラグが抜ける→反ワクチン勢が#プラグを抜こうとツイートして、炎上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




新型コロナのウイルスワクチンは冷凍庫や冷蔵庫に保管されているが、それらの電源プラグのコンセントが抜けてしまいワクチンを使用することが出来なくなってしまった。神戸市、兵庫県猪名川町、横浜市、千葉県市原市、埼玉県川越市、島根県大田市の全国各地でプラグが抜ける事態が発生して、約2100回分のワクチンを廃棄することになった。

政治団体国民主権の党首である平塚正幸氏と名乗るTwitterのアカウントでは、「ありがとう。#プラグを抜こう」と大田市内の医療機関でワクチンを廃棄することなった報道とされた記事と合わせてツイートされており、このようにTwitter経由でプラグを抜いてワクチンを廃棄させようとする新型コロナウイルスの反ワクチン勢力による呼びかけがなされている。

一連の新型コロナウイルスのワクチンを廃棄することになった事態は事件との関連性は判明されていないが、ネットではこれらの事象が故意によるものだと許し難いことや何らかの団体・勢力が関係しているのではないかという可能性を指摘する反応や意見が見られたため、それらの一部を紹介したい。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加