高身長、声がいい、顔がいい令和の3Kは声優の江口拓也さん→昭和生まれで金欠とネットで批判される

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




6月23日、朝の情報番組である目覚ましテレビにて声優の江口拓也さん(34歳)が高身長、声がいい、顔がいい令和の3Kの例として番組内で紹介された。声優の江口拓也さんは、茨城県出身で「機動戦士ガンダムAGE」のアセム・アスノ役や「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の比企谷八幡役などの声を演じており、声のみならず彼のルックスに惹かれるファンも見られる。

3Kという言葉は、昭和の時代では高身長、高収入、高学歴といった価値観が存在していたが、令和という今の時代に合った新しい男性の評価を決める基準が番組内で提案された。

高身長、声がいい、顔がいいの令和の3Kの価値観がTwitterのトレンドに入り、多くのネットユーザーの目に留まり様々な意見や声が見られたため、それらの一部を紹介したい。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加