京都の公立高校でタブレットの実費購入→そんな金ない、払うべきの激論がネットで勃発

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




2022年から京都の公立の高校で、6〜7万円程するタブレットを生徒1人につき1台を用意するのに、生徒の保護者の自費購入で用意することが決まりネット上で話題になっている。

もちろん、コロナの影響によるリモート学習や情報リテラシー力の育成を考えて肯定する意見もある。しかし、全国的に1人に1台を用意しようとする試みが見られている中で実費で購入して用意することは、コロナ不況の影響や以前から経済的に困窮している家庭にとっては新たにかかる大きな出費である。また、高校の学習に必要なものは公費で補うべきであると考える人も少なくない。

ある保護者の意見を紹介したい。

「夫の30万円前後の給料に私のパート代が5万円前後。子ども2人の塾代もあり青息吐息。高校入学時には制服や教科書、通学バッグや定期券などで20万~30万円は必要と言われる。さらに6万~7万円もする端末を買う余力はない」

京都新聞

また、6〜7万円程するタブレットの内訳を紹介したい。

(1)基本セットiPad 第8世代 Wi-Fi32GB 10・2インチ 3万4760円(2)キーボード付きケース9790円(3)アプリなどの設定費用8470円(4)故障補償(年額)4400円(5)端末管理(同)1980円(6)タッチペン8690円。これを全て合計すると6万8090円になる。

京都新聞

このように、タブレットの実費購入について紹介したがTwitter上では、未来への投資と言われるが公立高校には6〜7万円の出費を捻出する貯蓄のない家庭もいるという意見や、義務教育ではない高校だから実費購入することは当たり前ではないかという声も見られて、賛否両論の考えが垣間見られたため、それらの一部を紹介したい。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加