過去にSEALDsを自己中と批判した武藤貴也元衆院議員が、自己保身のひき逃げをした容疑→国民の非難の声続出

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

元衆院議員の武藤貴也氏(41)は、東京都中野区丸山の都道にて車を運転していた際に、停車中の車から降りた60代の男性と接触して3週間の怪我を負わせ、現場から逃走した事が判明した。

警視庁野方署は、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の容疑で、武藤貴也氏を書類送検した。

武藤貴也氏は、2012年の衆院選滋賀4区で初当選し、知人との金銭トラブルを報道されたため、自民党を2015年に離党した。彼は、過去にSEALDsの学生集団を戦争に行きたくないから自分中心、利己的と考えていると批判していた。

そのため、ネットではひき逃げした元衆院議員の武藤貴也氏こそ自分中心で利己的である様などの意見が見られたため、それらの一部を紹介したい。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加