菅首相が話す予定の演説の原稿をSNSに晒した蓮舫氏→殺到する非難の声

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

2021年1月18日、立憲民主党の蓮舫代表代行は、衆参両院の本会議で菅首相が演説をする前に施政方針演説の原稿の一部をツイッター上にアップロードした。蓮舫氏のツイッターのアカウント上での投稿は既に削除されているが、菅首相が話す予定の原稿の画像をその内容の一部と共に公開して、各方面から非難の声が見られた。そのため、与党に追求され、衆参両院の本会議で立憲民主党は謝罪する場面があった。

蓮舫氏が投稿した原稿の内容は、今日午後、衆参両院で菅総理が原稿を読み上げられますが、どれだけの思いを込めた話し方をされるのか。一貫して求めてきたものが「安心」と「希望」と言う言葉から始まる原稿ですが、果たして届いているのでしょうか。届くでしょうか。と言ったものであった。

このことを受けて、ネット上では施政方針演説の原稿の一部をSNSで公開してした立憲民主党の蓮舫代表代行に対する非難の声が見られ、その一部を紹介したい。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加