Wi-Fiの電波で子供たちの学力が低下する「電磁波過敏症」ツイッターで話題となる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

本日日本教育新聞に掲載された一つの記事がTwitterで大きな話題になっている。
その記事とは、Wifiの電磁波が子供学力低下を招く「電波過敏症」に対する対策を意見交換しているものである。

東京都新宿区議会のよだかれん議員は、学力と健康の2つの観点から、「大人でもICT機器を使用すると前頭前野の機能が低下するという様々な研究報告がある。小学1年生からの使用で脳の発達への影響は懸念されないのか」と指摘した。

 よだ議員は、9月議会の質疑の一部で、令和元年の全国学力テストの結果に基づき、電子黒板やプロジェクターなどの大型電子機器の整備率が1位の佐賀県は正答率が全国で43位だった一方、整備率最下位の秋田県は正答率が1位だったことを紹介した。

Wi-Fi電磁波で学力低下を懸念、市議ら意見交換会より




Twitterの反応は?







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加