11/20から始まったGo To Eatキャンペーン東京とは? Go To Eat食事券の購入レポ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

11月20日にGoToEatキャンペーン東京が始まった。このキャンペーンは東京都のみで使える食事券のことだ。購入金額の25%分を上乗せして支払うことができる。500円券と1000円券があるが、その券を使って支払うときにお釣りは出ない。全国最大で発行総額500億である。

チケットの種類はデシダルとアナログがある。デジタルは、1セット8000円で購入し10000円分の20%分上乗せされた食事券になる。1回で2セットの20000円分まで買うことができる。

一方で、アナログは1セットで10000円で購入し12500円の25%分上乗せされた食事券になる。1回で2セットの25000円分まで買うことができる。




デジタルチケットの申し込み方法

デジタルの申し込み方法としては、11月20日10時から11月24日23時59分の間に一次抽選があるデジタルは、メールで申し込むためにはヤフーidを使いパスマーケット特設ページにアクセスする。そして、抽選結果をメールで受け取り、当選したらパスマーケットで購入し引き換えをする。

アナログチケットの申し込み方法

アナログの申し込み方法としては、はがきで抽選とメールの先着順である。スマートフォンからの申し込んで電子引き換え券を使うのと、はがきで近くの自治体からの申し込んで送付された引き換え券のはがきを使う方法がある。それらの電子引き換え券やはがきを食事券販売店へ持っていき、食事券と交換する。食事券販売店は、カクヤス、ビックカメラ、マルイ、JTBの特設カウンター、東横インなどの様々な所がある。

アナログチケット購入レポ

筆者は、スマホと同期してあるアドレスを使ってパソコン経由で申し込んだ。アナログチケットを入手するには、メールだと早ければ早いほど、確実に食事券を手に入れらることができる。ただし、スマホはアクセスが集中しており、パソコンで申し込むとアドレスには返事がすぐにきた。アナログチケットをパソコンで申し込んで手に入れることをお勧めする。

筆者は、酒屋のカクヤスでアナログチケットを交換した。店の人によると、午前中には行列ができていたとのこと。1回の引き換えにつき2枚まで、ただしまた並べば2枚以上もらえる。2回申し込んで得た引き換え券を並び直して使い、4セットの実質5万円分のアナログチケットを引き換えることができた。

このGo To Eatキャンペーン東京について、ネットではどのような声が上がっているのか紹介したい。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加