現役医師「医学部は才能の墓場、本当にやりたい人だけが目指すべき」→賛否両論巻き起こる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

ある消化内科医の、「医学部」に対する持論がツイッターで話題となっている。




「医学部は才能の墓場」

同氏は「医学部は才能の墓場だ」とし、「医療をする必要のない才能を持った人間がゴロゴロ入ってくる」ところだと主張した。
そのうえで「医学部は大学院にして、本当に医療をやりたい人間だけが目指した方がいい」と持論を展開した。

「偏差値が高いから医学部へ」が主流?

一般的に医学部は他の学部に比べて偏差値が高い傾向にあり、大学受験の際に「一番高いレベルの学部を目指したかったから」という動機で医学部を目指す受験生も多いと言われている。
「医師になりたい!」よりも「高いレベルの学部に行きたい」という動機があるため、「本当に医療をやりたい人間」ではない人が集まってくることへの問題提起だとされる。

賛成派・同感派

法曹界の声

反対の声も

みんなの声