タイ航空「どこへもいかない空の旅」を発表、機内では読経

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

タイ航空は、3時間かけてタイ国内の仏教地99か所の上空を飛行し、機内でお経を唱える「どこへも行かない空の旅」を発表した。

首都バンコクを飛び立ち、アユタヤ、スコーチタイ、チョンブリ、スラタニなどの上空を通過し、バンコクへ戻るルートで運航される。11月30日に1回限りの運航とされる。

機内では、歴史に詳しい著名占い師の主導でお経を唱えるというサービスがついている。新型コロナウイルスの影響で観光収入が激減したタイ航空が、国内旅行の促進のためにこのプランを打ち出した。




他国でも人気の「どこへもいかない空の旅」

オーストラリアでは観光名所の上空を巡る約7時間のツアーがわずか10分で売り切れ、香港では市の上空を旋回しながら「映える」写真を撮影する便が運航されている。

Source

みんなの反応