【発達障害】ADHD傾向ビンゴなるものが流行る→障害者を馬鹿にしていると話題に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
そのビンゴの一部
ADHDに当てはまるとされる症状が記載されている。

Twitterでは「ADHD傾向ビンゴ」というものが流行っているという。
このビンゴでは当てはまる傾向が多ければ多いほどADHD(注意欠陥・多動症)の傾向があるという。
ADHDの主な症状は以下の通りである。(eヘルスネットより)

  1. 「不注意(活動に集中できない・気が散りやすい・物をなくしやすい・順序だてて活動に取り組めないなど)」と「多動-衝動性(じっとしていられない・静かに遊べない・待つことが苦手で他人のじゃまをしてしまうなど)」が同程度の年齢の発達水準に比べてより頻繁に強く認められること
  2. 症状のいくつかが12歳以前より認められること
  3. 2つ以上の状況において(家庭、学校、職場、その他の活動中など)障害となっていること
  4. 発達に応じた対人関係や学業的・職業的な機能が障害されていること
  5. その症状が、統合失調症、または他の精神病性障害の経過中に起こるものではなく、他の精神疾患ではうまく説明されないこと
    などが挙げれられる。




Twitterの反応は?







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加