【そりゃヤバイ】電通、社員を名ばかり個人事業主にする→合法的に長時間労働させる作戦

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

電通は全社員の3%の約230人を業務委託に切り替えて個人事業主として働いてもらう制度を始めた。2021年1月から新しい制度が始まるようだ。業務委託を受ける個人事業主は、副業や企業ができる。

電通は、営業、制作、間接部門などの全種類の40代以上の社員約2800を対象に募集した。適用者は、早期退職をして、11月に電通によって設立される新会社と業務委託契約を結ぶ。契約期間は10年間であり、電通で働いてた時の給与をベースに固定報酬と、業務で生じた利益によってインセンティブが支給される。

電通は、新しい働き方を求める社員の声に応じて制度導入を決めたと述べて、人件費縮小のリストラ策ではないとはしている。

ネットでは、このことがどのように考えられているのか紹介したい。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加