【悲報】批判殺到の「フリート」機能→炎上をいじられ「イフリート」機能と呼ばれてしまう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




登場初日に批判殺到

Twitterは11月11日、テキストや写真などが24時間のみ表示される「フリート」の提供を日本で開始したが、ツイッター上では「いらない」「邪魔」などの声も多く上がった。

「陽キャ御用達のインスタのマネ」

「フリートで 炎上したら イフリート」

インスタグラムのストーリー同様24時間で投稿内容が消えるため、それを利用して過激な動画などを投稿する人が現れることが予想され、「フリート」機能「イフリート」機能とモジる投稿が話題となった。

イフリートとは

本来はイスラム教の聖典「クルアーン」に登場する魔人の一種であるが、『ファイナルファンタジー』炎の魔獣として登場したり、『ダンジョンズ&ドラゴンズ』というRPGで炎属性の精霊として登場したことにより、炎の魔人・炎の魔獣として知られるようになった。

その他、テイルズシリーズに登場する精霊、ガンダムシリーズに登場するモビルスーツ、ダンボール戦記のラスボス、グランブルファンタジーに登場する星晶獣などとしても知られている。

みんなの反応