生活保護受給の男性(26)、パチンコ店10店巡り→居眠り運転で大学生の命を奪う→「生活保護費(=税金)で賠償したい」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

生活保護受給者の男性(26)は、兄とパチンコ店を10か所巡った後、居眠り運転で横断歩道を渡っていた21歳の男子大学生をはね、命を奪った。信号は車側が赤、ブレーキは踏んでいなかった。




運転禁止の原則を破った男

生活保護受給者は、事故を起こした際に賠償能力がないといった懸念や、車を維持するための費用を負担するのは不可能と思われることから、自動車の運転は原則禁止とされている。

男性「雨に濡れたくなかった」

男性はゲームや動画を見て不規則な生活を送っており、事故の当時は梅雨の真っただ中だった。その日も雨が降っていたため、「雨に濡れたくなかった」とレンタカーを借り、兄とパチンコ店を10店巡った

被害者の大学生は

被害者の大学生は特待生であり、県外の広告代理店から内定をもらい、新社会人としてスタートするところだった。

事件後2度もドライブに

「尊い命を奪い、大変申し訳ない」と謝罪したが、男性は事件後2度もドライブをしていたことが明らかになった。
裁判では、検察官が「(事故を起こした認識が)薄れるような出来事か。あなたにご遺族の無念さが分かるか。生きているから償いたいとか言えるけど、被害者は何も言えないんだよ」と述べた。

「生活保護費(=税金)で賠償したい」

事件3日後に被告から被害者側に電話があり、名前を間違えられたうえ、「生活保護費で賠償したい」と申し出た。これに対して遺族はバカにされていると感じ、「最大限の罰を」と述べた。

「納得いかない」という声

みんなの反応

Source