ロジクールから10年ぶりに新型トラックボールが発売「より人間工学に基づいた形」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

ロジクール社の名作トラックボール「M570」の後継モデル「M575」が発売することが決定。
非常に根強い人気を誇っていたM570トラックボールだがその特徴は他社のトラックボールの手のひら、中指操作とは違い親指操作を基本とするところである。

過去モデルのM570

親指で操作をするので疲れにくくそしてボールが小さく軽いのでの負荷もすくない、ケンジントン社の中指型トラックボールしかラインナップになかったメーカも追随して親指トラックボールを作るほどであり、ロジクール社はトラックボール界隈に旋風を巻き起こしたと言っても過言ではない。




次世代モデルはより人間に優しく、人間工学を採用

次世代モデルとなるM575は見た目こそ同じだが、これまでのM570に傾斜角をつけ手首に負担がかからないような仕組みとなっている、長時間の使用でも疲れが溜まらないのが魅力だ。

嬉しい単三電池駆動、コストパフォーマンスを意識か

動力源は単三電池1本で最大20ヶ月の運用となっている、先代のM570は同じ電池で14ヶ月ほどとなっているので省エネ化が実現できている。

こちらの新型M575、実は少し前に上位モデルの「MX-Ergo」が発売されておりそちらのモデルは価格も14,000円ほどと完全上位互換でそれに伴って内蔵リチウム電池搭載になっているがそれが裏目に出たか、少々電池が切れたときの取り回しが悪い。
それを考えると単三電池という運用は充電電池仕様よりも優れているのかもしれない。

発売は11月26日、Amazonでは黒色が予約セール中

こちらのM575、Amazonで先行予約が受付中で発送日は2020年11月26日となっている。

ホワイト、ブラック、グレーの3色がラインナップされている、Amazonではブラックのみ5,500円から5,000円と500円引きで割引セール中となっている。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加