【コネ】菅首相の弟が自己破産後→JR企業の役員に就任にしていたことが話題に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

「令和おじさん」や農家の実家を飛び出して東京の大学に入学したストーリーが有名である菅首相が今回週刊文春にも取り上げられた。
文藝春秋 2020年12月号によると実弟の菅秀介(ひですけ)氏(69)は、51歳で自己破産した直後にJR東日本の子会社に幹部として入社していることが判明した。




実兄「弟(首相)とは関係ない」

記事によると、秀介氏の自宅を訪ね、ヒデ製菓(自己破産させた企業)が東京駅で店舗を構えた経緯や千葉ステーションビル(千葉県で多くの不動産を取扱うJR関連企業)への入社などについて尋ねると、「兄(菅首相とは関係ない」と語った。

ツイッターの反応は?

この件に関して菅総理の公式のコメントは発表されていない。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『【コネ】菅首相の弟が自己破産後→JR企業の役員に就任にしていたことが話題に』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2020/11/10(火) 14:14:33 ID:1cda72d77 返信

    酷いタイトル、自己破産から役員までに何年挟んでんだよ(笑)

    菅を必死にサゲても肝心の野党の支持率がお笑いだろうに

    • 名前:匿名 投稿日:2020/11/10(火) 22:36:22 ID:400cdf4c1 返信

      コメント書く暇あったらちゃんと投票行けば?

  2. 名前:匿名 投稿日:2020/11/10(火) 23:01:02 ID:26bb4892a 返信

    俺の知り合いの弟も、アホなのに政治家のコネで

    東京メトロに就職したから、菅の話も十分あり得ると思う