生活保護受給者「あなたは14万5千円で1ヶ月生活できますか?」と魂の訴え

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

とある生活保護受給者の悲鳴が話題になっている、月14.5万円で生活できる人はどれだけいるだろうか?

◆食費は週500円!ほぼ食パンのみで生活
<高田美貴さん(仮名・42歳)年収174万円>

昨年末に体調不良で仕事をやめて以来、月14万5000円の生活保護で生計を立てている高田美貴さん(仮名・42歳)。
当然、あらゆる面で切り詰めた生活を余儀なくされているが、なかでも目を引くのが食費の低さ。なんと週500円以内に収めているという。何を食べて生きているのか!?

「主食は食パンです。20時以降にスーパーに行けば、消費期限が迫った10枚切りの食パンが100円以下で買えるので、それを1食につき2枚食べています。
飽きないかですって? 1枚にはマヨネーズ、もう1枚にはピーナツバターを塗ると全然飽きずに食べ続けられるんですよね~」

ちなみに食事は一日2食。パンの枚数が少なくなる頃にはとうに消費期限は過ぎているが、「お腹を壊したことはないので多分大丈夫です!」とのこと。
食パン以外に「月に1~2度、特売で3割引きになったときだけ買う」というシリアルと豆乳で最低限の栄養を補うよう意識しているという。

「今のところ体調はバッチリですね。肉や魚を食べたいという気持ちはなくなりました。
今はいかに食費を抑えるかが楽しいですね。まぁ、ガスが止められているのでそもそも加熱調理はできないんですけどね(笑)」

ガスが止められているため、シャワーも当然水のみ。髪も自分で切るようになった。

【1か月の家計簿】
家賃 4万2000円
水道光熱費(※生活保護のため水道代0円)4000円
食費 2500円
通信費 1万1500円
飼い猫の治療費 約3万円
日用品その他 2万5000円

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://news.livedoor.com/article/detail/15317323/




ネットでは使い方がおかしいと批判殺到

このコラムが投稿されてから、ネット上では多くの批判を呼んだ、週500円の自身の食費に対して飼い猫の治療費に月3万円もかかっていること、通信費もこの現代に1.5万円もかかっている。

最近では様々な安いサービスが展開されているのにこのようなお金の使い方はおかしいとのツッコミが多数、そして働いていないのにも関わらずこの14.5万円よりももらっていない人も多く贅沢だと、お金の使い方関係なく生活保護受給者全体を批判するものも現れた。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加