【悲報】日本モンキーセンター、つい本能で好みの「女子」をアップ→いつもの「お姉さま方」に女性蔑視だと言われ炎上してしまう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




問題となったツイート

この投稿は10月末のもの(現在は削除済み)で、日本モンキーセンター(愛知県犬山市)の職員がサルの一種・シロガオサキ「モップ」くんの観賞に訪れる女性について言及。
『来園してくださる方は素敵なお姉さまばかりだと思っていましたが、なんと!本日初めて「女子」にお会いしました!!』と、女性の後ろ姿の写真とともに投稿した。

「お姉さま」と「女子」という言葉

この投稿に対し、ツイッター上では「お姉さま」「女子」という言葉に差別的・侮辱的表現が含まれているとして不快感を示す人が現れた

「今回の事件を決して忘れることが出来ません」

当初「謝罪の予定はない」→大炎上

フェミさん「ヒト科オスも害獣」

同センター、投稿削除→謝罪

批判が殺到したため、同センターは投稿を削除し、公式HP上には所長の名による謝罪文が掲載された。

「女性蔑視は大げさ」「過剰な反応では?」

みんなの反応

『【悲報】日本モンキーセンター、つい本能で好みの「女子」をアップ→いつもの「お姉さま方」に女性蔑視だと言われ炎上してしまう』へのコメント

  1. 名前:キキ 投稿日:2020/11/06(金) 10:29:45 ID:47d2f2646 返信

    本当に難しいね。
    「お姉さん」を「お兄さん」に、「女子」を「男子」に変えて、女性職員がツイートしたと想定したら、嫌な気持ちになる?
    男性職員の「変な」目線を前提にしている気もする?