【長期使用レビュー】価格と性能のバランス!MacBook Pro13インチ(2020)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




MacBook Pro 13inch 2020 early model レビュー

どんな製品:13インチのMacBook Pro一番安価なベースモデル!

良いところ:新型のキーボード、デザインがカッコイイ、画面が綺麗!

悪いところ:旧型のプロセッサーを搭載していること、USB-Cポートが2つしかない。

生きている時間=Windowsユーザー初のMac

マックを買った経緯について

 今年の授業は全てオンラインであり、それまで使っていた5年以上前のDELLのパソコンではZOOMといったようなアプリを使用することがスペック的に難しくなってきたため、アップル製品で周りのガジェットと固めている私は「どうせならパソコンもアップルのMacBookを買ってみよう」と考えたのがきっかけである。

 当初は学割を使って13インチのMacBook AirのIntel core i5を搭載している上位モデルの購入を考えていたが、実は同じ金額で一番安いモデルの13インチのMacBook Proが買えてしまうことに気づき、同じ値段ならコスパの良い方にしようと決めた。

Air(上位機種)とPro(ベースモデル)の違いとは?

写真

金額が同じこの両者の違いはプロセッサーの世代の違い、ファンクションキーとTouch Bar、本体の重さ、そして画面である。

 Airには第10世代のIntel Coreが搭載されているのに対して、Proのベースモデルでは旧型の第8世代のものが搭載されている。もしかするとこの時点で「なんでProのクセに古い方なの?Airの方が性能良いじゃん」と思う人もいるかもしれない。だがここで忘れないで欲しいことがある。「性能が良い=より熱を持ちやすい」ということだ。これは後述する本体の重さに深く関係する。

 ファンクションキーとTouch Barの違いはこの2機種を比較するときに非常にわかりやすい違いだと思う。もちろんTouch Barの評判は色々耳にすることがあった。F7を使ったカタカナ変換を多用する人などにとっては「アップルめ、余計なことしやがって、、」なんて思ってしまうかもしれない。

 しかし、自分は物理キーであるファンクションキーの代わりにTouch Barを搭載することに対してそんなに違和感を感じなかった。それも元々Fキーを多用するタイプではなかったので、どうせなら画面になっている方がかっこいいんじゃないか?と思っている程度だ。そのスタンスは使用し始めて1ヶ月が経過しようとしている今も変わっていない。逆にいうと、Touch Barに大きな希望を持っていけない。唯一のメリットとして感じるのは音量と画面の明るさ調整の時ぐらいだ。

 

本体の重さの違いだが、プロの方が1.1kg重い。この重さは本体の性能を優先した結果で、Proには排気ファンが搭載されていて、画像編集や動画編集などの高負荷の作業をする際に役に立つ。なので、CPUのスペック上では負けている第8世代を搭載しているProの方が第10世代を搭載しているAirよりも性能が良いのだ。

 画面の明るさもProの方が100ニト明るく、P3の広色域に対応していて、Airよりも複雑な色彩表現が可能である。

 なので、同じ価格である上位モデルのAirと下位モデルのProを比較するとProの方がよりスペック面で高機能であることがわかるだろう

購入にあたって

写真

・どのモデルの

・どのくらいスペックのMacBookを

・どこで

・いつ手に入るか?

について考えてみた。結果として

・MacBook Pro

・ベースモデル

・アップルストアの学割で

・なるべく早く

手に入れることにした。

 しかし、ここで問題が発生した。アップルストアでは自分が欲しかったモデルの在庫が無く、3週間待ちの状態だったのだ。その原因は11月に発表されると噂されているアップル純正のチップを搭載したMacBookが発表されるからであると言われていた。

 Amazonプライムが次の日に届かないことに腹が立つくらいに短気な私は別の方法を模索し始めた。ここで考えられる別の入手先とは、

・メルカリやラクマなどの中古品

・家電量販店

・アップルの整備済み製品

の3つである。

 実際には最初の2つの選択肢は頭になかった。なぜなら、10万円以上する買い物をするのだからそれなりの品質が保証されてないと不安だったからだ。また、比較的栄えていない所に住んでいるため、近所に家電量販店があったとしてもMacBookは取り扱っていなかったのだ。

 最終的には幸運に恵まれてアップルの整備済み製品でたまたま見つけ、速攻ポチった結果、新品同様のMacBook Proを定価よりも約2万円安く購入できた。ただこれは至難の技であることは否めない。アップルの整備済み製品のページでは、限られた在庫がランダムに出たり入ったりする非常に流動性の高い場所である。ここまで来ると「ショッピング」というよりも「ハンティング」と呼んだ方が合っているくらいだ。

気に入っているところ

写真の周辺機器はAnkerのワイヤレスキーボードとロジクールのM557ワイヤレスマウス

MacBook Pro本体のミニマリストなデザイン、程よい深さのあるキーボード、13インチパソコンからとは思えない迫力のサウンド、巨大なトラックパッド、そして他のアップル製品との協和性は「アップルすげえ!」となることは間違いなしだ。自分にとってはキーボードが一番感動するポイントだ。

 元々使っていたパソコンのキータッチはクリックするたびにまるで床が抜け落ちるような感覚を感じていた。キーのプラスチック部分が今にも外れそうで押すと少しズレるのだ。しかし、MacBook Proでは程よいキーストロークと押した時の「トントン」という感覚に快感を覚えるほどだ。

気に入らないところ

この二つだけしかないポートをミニマリスト的と取れるか?

外部端子のオプションが少なく、ベースモデルのため、USB-Cポートが2つとイヤホンジャックしかない。アップルが将来的にUSB-Cだけの世界を模索しているのかもしれないが、自分は少なくともUSB-Aポートが一つぐらい欲しいと思った。このポート問題を解決するためにAnker製のUSBハブを購入したが、そのために荷物が一つ増えたと考えると逆に全然ミニマリストじゃないと思った。

最新機種発表の前に買うのは避けるべきか?

11月に独自プロセッサーを搭載したMacの発表を備えた10月にパソコンの買い替えが必要になってしまったが、ガジェットにおいて「待ち」ができるのは不必要なものを買う時だけである。言い訳がましくなってきたが、必要になったときに必要なものを買うことが重要である。自分は今回の購入はそう正当化した。
また、新製品に付き物の不具合などのリスクを考えると、来年いっぱいはアンパイなインテルMacでも良いのではないかと思ってしまう。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加