【悲報】ヨドバシカメラ、超品薄のPS5をリボ払い抽選の景品にしてしまう(なお1口3万円)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




PS5難民に目をつけたヨドバシ

家電量販店大手のヨドバシカメラは「ショッピングリボ払い3万円以上ご利用でPS5が当たる!わくわくPLUSキャンペーン」と題したキャンペーンを行っている。

期間中(11月1日~11月30日)に、ショッピングリボ払い(ゴールドポイントカード・+クレジット決済)によるご利用金額3万円を1口として、抽選で5名にPS5をプレゼントするというキャンペーン概要である。
さらに、「ご利用明細チェック」「VISA認証サービス」に登録すると当選確率が10倍にアップするという内容だった。

入手困難で品薄のPS5が景品に…

ヨドバシカメラは9月19日よりPS5の予約抽選申し込み受付を開始し、開始直後からアクセスが集中し、最終的に倍率は通常版が40倍、デジタル・エディションが91倍となる殺到ぶりだった。
注文した商品は11月12日より順次発送される。

抽選に外れてしまった大勢の人が次の購入機会を待っている中、「リボ払いでPS5が当たる」キャンペーンを公開したヨドバシカメラを批判する声もある。

「絶対に使うな」と囁かれるリボ払いとは

リボルビング払い(通称リボ払い)とは、クレジットカードや消費者金融の返済方法の一つの方式であり、毎月あらかじめ指定した一定額を返済してゆく方式である。「分割払い」は支払い回数を決めて支払うため、異なる。

リボ払いの問題点として、
借入額が増えても毎月の返済額が変わらないため、借金をしているという意識が薄れる。結果、知らず知らずのうちに借金を増やしてしまいがちになる。
借入額が増えると返済期間が長くなり、利息の負担が激増する。
返済総額が分かりにくく、利息の多さが実感できなくなる。
などが挙げられている。

リボ払いゴリ押しのヨドバシ

みんなの反応







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加