6000件数十億規模の持続化給付金を返還したい→不正受給か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

経済産業省は、感染拡大が進む新型コロナウイルスの影響によって、収益が大きく落ち込んだ中小企業などに用意された持続化給付金で、申請の誤りや資格がないなどの理由から、返還の申し出が6000件余りあると発表した。

ネットでは、このことを不正受給ではないのかという声が上がっている。

持続化給付金というのは、中小企業などに最大200万円、個人事業主の場合に最大100万円を支給するものであり、約384万件の申請があった。

売り上げの金額の記入を誤まった、受給資格がなかったなどの理由から、29日までに6028件の返還の申し出があり、数十億円規模になるとのこと。

7月上旬までに申し出が751件あり、約7億9200万円は国に返還された。




ネットユーザーの反応







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加