目黒区タワマン600万円強盗事件の被害に遭ったセクシー女優の里美ゆりあさん→パパ活で2億円稼ぎ脱税疑惑がかけられる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

10月26日、宅配業者を装った17歳から19歳の少年3人が、目黒区のタワーマンションの部屋に押し入って1億円脱税してるから回収しに来た、お金を出せば帰る、人を刺したことがあると脅して、約600万円を強奪した事件で、被害者はティーパワー所属でセクシー女優の里美ゆりあさんだった。

今回様々なメディアに取り上げられて、彼女が2億円をパパ活で稼いで脱税していた事の疑惑が世間の多くの人に知られることになる。




脱税疑惑の経緯

里美ゆりあさんは、2007年から2013年までに約2億4500万円の所得があり、個人事業主にもかかわらず一度も確定申告をしなかったため、脱税を指摘された。

セクシー女優の報酬は約4500万円に対して、残りの約2億円は個人的に相手をした男性から現金で受け取った。その2億円を銀行口座に入れていたが、2014年6月に国税局が、里美ゆりあさんの銀行口座を税務調査したことで事態が明るみに出た。

国税局は、接待サービスとして、重加算税と延滞税を合わせて約1億1500万円の追徴課税を課した。

ネットユーザの反応







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加