ハリウッド実写版『君の名は。』舞台はアメリカ片田舎と大都会シカゴか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




実は決まっていたハリウッド実写化

2016年に公開され、興行収入約400億円を記録し大ヒットとなったアニメ映画『君の名は。』。ハリウッド実写リメイク版が制作されることは2017年9月に決まっており、今回、韓国系アメリカ人のリー・アイザック・チョン氏が監督を務めることや、舞台などが発表され話題となった。

東京↔飛騨から、シカゴ↔片田舎へ

アニメでは東京に暮らす少年・瀧(たき)と、飛騨の山奥で暮らす少女・三葉(みつは)の身に起きた「入れ替わり」という謎の現象と、地球に接近する彗星「ティアマト彗星」をめぐるストーリーが描かれていた。

ハリウッド版では、アメリカの片田舎に暮らす先住民の少女大都会シカゴに住む少年が、「入れ替わり」という謎の現象を通じて、来るべき災害から世界を救うというストーリーになるようだ。

制作スケジュールや公開時期、キャストなどは発表されていない。

シカゴを選んだワケが推測される

2017年にハリウッド化のストーリー予想をしていた人が話題に

みんなの反応