「元Google出身」竹花貴騎氏、田端信太郎氏に経歴詐称を指摘され炎上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




竹花貴騎氏とは

株式会社LimのCEOであり、超敏腕経営者として知られ、独自の経営理論やビジネス戦略を紹介しているYouTubeチャンネル「竹花貴騎MUPビジネスカレッジ」は約40万人の登録者数を誇る。

超一流企業に勤めた経歴

同氏は幼少期から中国、メキシコに留学をするなどし、英語、スペイン語、日本語を操り、新卒でGoogleに入社した後、当時22歳という若さで一部上場企業である株式会社SMSの子会社で副代表を務めた。その後リクルートに転職し、株式会社Limを立ち上げ、売却したとされている。

輝かしい経歴とカリスマ性

輝かしい経歴と同氏のカリスマ性は多くのファンを魅了し、オンラインビジネススクールでは各業界の著名人、有名アスリート、政界人など幅広い業界の人が彼の経営論を学んでいる。

事の発端となった田端氏のツイート

田端氏は、竹花氏が「元Google出身」と名乗っていたことに対し、『貴殿は「Google出身」なのですか?竹花さんについて調べてみたら、上記の点、記述が揺れているようで疑問に思いました。』と尋ねると、竹花氏は『すでにそちらの表現についてはGoogleとは話も済んでいますが、2013年頃よりGoogleオフィス(六本木ヒルズ)に常勤し業務委託として勤務しておりましたが、「出身」という表現は去年あたり全メディアにて訂正し告知しています。』と回答し、あくまで業務委託で常駐だったことを明かした。

「本物の偽物感!」とダメ押しの指摘

YouTubeでも「痛いセルフブランド」と指摘

【竹花貴騎さんが経歴詐称をゲロ@コメ欄】インチキ経歴詐称の見抜き方とは? 盛り過ぎ?orセルフブランディング?どっちだ?

竹花氏「表現悪意ありすぎ」「そこまで興味ありますか周りは?」

元青汁王子、イケハヤも反応

みんなの反応