2ちゃんねる創設者のひろゆき氏、ホリエモン騒動で窮地に立つ餃子屋に提案→サイト作る人居ないとかだったら、手伝いますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0




ホリエモン騒動の経緯

9月22日、実業家の堀江貴文氏が知人2人と広島にある四一餃子の餃子屋を訪れた際に、堀江氏以外の同行者はマスクをしていなかったため、入店できなかった。しかし、食事をする時にはマスクをはずすからマスクをつけなくても入店できると主張した堀江氏に対して、店のルールがありそれを守れないのなら入店を断る旨を店主が伝えた。そのため、堀江氏らはその店で飲食することができなかった。

その事を堀江氏がSNSや動画サイトで発信すると、ネット上で店は大バッシングを受けて嫌がらせのような行為を受けた。そして、嫌がらせを受けて通常の営業ができなくなった店は休業をせざる終えず、店主らは生活に困る事になった。

ひろゆき氏の提案

餃子屋の窮地の状況を鑑みてひろゆき氏は、あるビジネスモデルをSNS上で発信して提案することになった。

ネットユーザーの反応

このようなひろゆき氏の提案に対して、ネットユーザーはどのような意見や感想を述べているのか紹介していきたい。

このように、様々なネットユーザーの反応を紹介したが、ひろゆき氏の提案に好意的であった。

もちろん、餃子を巡るホリエモン騒動には賛否両論があるためより一層議論が深まることは良いことだが、どちらに責任があるかの議論をするよりも、起きてしまったことへの対処法や今後のことを話し合う建設的な議論をすることが求められているのではないだろうか。

一刻も早く、四一餃子の餃子屋さんの店主らが生活を送られるよう問題が解決されることを願うばかりである。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加