【悲報】100日後に死ぬワニ、100日経過→偽ワニが大量発生しては消えていった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

100日後に死ぬワニは、漫画家きくちゆうき氏による4コマ漫画である。2019年12月12日からツイッターの彼のアカウント上で連載が始まった。主人公の擬人化されたワニが死ぬまでの1日ずつの描写が描かれている。主人公のワニや先輩のワニや親友のネズミが登場する。翌年の3月20日まで毎日19時に投稿されており、その日に100日目を迎えて、ワニは死んだ。

一つの投稿で30万のいいねが押されて、3月20日にはツイッターのトレンドで世界1位になったほどの人気作品である。この日に最終話が投稿されることは、読者には知らされていたため、多くのネットユーザーに最終話を予想された。

ツイッターでは、匿名で多くのユーザーが100日目に主人公のワニがどのように死ぬかが予想されたものの、本家である作者のきくちゆうき氏が最終話を投稿したため忘れ去られてしまった。

多くの人に予想された作品を一部紹介したい。

このように多くのネットユーザーに100日後に死ぬワニの最終話が予想された。

筆者としては、100日後に死ぬワニは多くの読者に愛されていたことが推察できる。 映画化が決まった同作品は、今後も多くの読み手や観客を楽しませていくだろう。

また、ツイッターで無償で同作品を読むことを可能にさせた作者のきくちゆうき氏には、リプライ、リツイートやいいね数を通して読者の感謝の気持ちが届いているはずだ。彼のワニがこれからも読者に忘れられないためにも、3月20日の最終話で終わっては欲しくないと筆者は考える。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加