生活保護費で高級寿司店3万円にタクシー1万円を使った親子に支援者「責めるどころか労う思いに」→大炎上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

1995年から25年、精神保険福祉士(ソーシャルワーカー)として精神疾患や障害を抱える患者と、その家族を支援してきたという方がいる。その方曰く、2004年にデイケアで会い担当していた精神疾患を持つ男性Aさん(当時37歳)とその父親(当時69歳)をいつまでも忘れることができないとのこと。

頼れる身内がいなかった二人は、1ヶ月13万円の年金と生活保護費を糧に暮らしていた。親子は互いに傷つけ合い疲弊していた。数年後に親子二人は精神科の病院に入院するほど追い詰めらていた。ソーシャルワーカーは支援のために家を訪れたが、そこは足の踏み場がなく虫がいたほど。

男性Aさんの父親の年金は毎月8万円で、足りないお金は彼らの退職金で賄う生活だった。彼の退職金が尽きた頃には生活が困窮して、親子の言い争いが増えていった。男性Aさんは2週間に1度の受診だったが、金銭的問題から2ヶ月に1度の受診となった。

ソーシャルワーカーの強い勧めで、父親は生活保護の受給に踏み切った。父親は世間体を気にして申請するのにあまり積極的ではなかったとのことだが、月5万円の生活保護費が加わり計13万円の生活費を用意することができた。




生活保護費ですしざんまい!!

ソーシャルワーカーは彼らからあることを聞いたという。

二人は月初めに支給された生活保護費を元に、高級寿司屋にタクシーで通い寿司を食べることを楽しみしていたという。寿司代は二人で3万円、タクシー代が往復1万円。二人を温かく迎え入れる寿司屋の対応を嬉しく思い、通い続けていたらしい。しかし、このことが二人の生活を逼迫させていたことは言うまでもない。

生活保護費で高級寿司を食べる親子は軽蔑され、彼らの転落人生は自業自得とされるかもしれないが、ソーシャルワーカー曰く、たった一つの楽しみとしてカウンターで肩を並べて美味しそうに寿司を食べる二人を想像すると、責めるど頃か労う気持ちになったと言う。

ネットユーザーはどう思っているのか紹介したい。

このように多くのネットユーザーは、この論争を招く二人の親子の行動に否定的である。

筆者としては、生活保護受給者などの受給者が、本来その人の生活を保てるように支給されているのが国の税金であり、このような行動をして他の生活費が圧迫されるようなことはあってはならないと考える。

筆者は、せめて回転寿司でよかったのではないだろうかと思う。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加