【悲報】サイバーエージェント人事担当者 内定者を侮辱し炎上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

毎年季節が春に変わろうとする今の頃に、多くの大学生が合同説明会や企業の説明会へ行き就職活動をする。外資系の会社に就職を希望をする学生は12月頃から就職活動を始める。内定を得ようと全労力を捧げて、やっとの想いで内定を得る者がいれば、一方で、能力がありあまり苦労せずに内定をもらう者もいる。大学生の新卒向けに行われる就職活動では、様々な陰の苦労や活動があることを推察できる。

そんな中、サイバーエージェント社の内定者が同社の人事担当者に侮辱されたことが話題になっている。

サイバーエージェント社の人事担当者が、トレンドである黒色のマスクをつけていた内定者をいじり、帰宅して彼女の旦那と黒色のマスクの話をした。彼女が試しに黒色のマスクを購入したところ、黒色のマスクへの先入観がなくなり、快適で使用してみるとすごいいいと気に入ったとのこと。現在のところ鍵垢になっているアカウントで、そのような発言をした。

また、個人情報が特定できるような発言であり、彼女の倫理観が問われている。

サイバーエージェント社の人事担当者に侮辱された内定者であろう人物は、以下の様に述べている。侮辱されたことに対して気にかけていないことがわかる。

この件に関して、ネットユーザーはどう考えているのか紹介したい。

このように、サイバーエージェント社の人事担当者が内定者を侮辱したことに、批判や非難が集中している。

内定者の当の本人は特に気にしていないようだが、会社の人事担当者がこのような侮辱行為をしてはいけない。人によっては、人事担当者の侮辱行為がコンプライアンス上でモラルハラスメントに該当することはあり得る。

現在企業のコンプラ問題が世間の多くの人々に注目されて、コンプライアンスを遵守するという意識が高まりつつある。そんな中、サイバーエージェント社の人事担当者が内定者を侮辱することが許されるはずはない。

筆者は、今年やこれから就職活動をされる新卒や中途の方たちが、このようなモラルハラスメント被害に会われないことを切に願っている。