【偶然?】新型コロナ多発の国が全て北緯40°付近にある件

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

新型コロナウイルスが日本やヨーロッパなどの中国国外でも猛威を振るい始めた。まず、新型コロナの患者数が多い国は以下の通りである。

感染者数
中国 80,270人(うち武漢21,050人)
韓国 5,328人
イタリア 2,502人
イラン 2,336人
日本 279人(+クルーズ船の患者706人)
フランス 212人
アメリカ 108人

厚生労働省HPより(3月4日12:00現在)

緯度についてこれら各国を見てみると、

(西から順にフランス、イタリア、イラン、武漢、韓国、日本、シアトル、ニューヨーク)

武漢 北緯30
韓国(テグ) 北緯35
イタリア 北緯41
イラン 北緯36
日本(東京) 北緯36
フランス 北緯48
アメリカ(ニューヨーク) 北緯40

このようになり、少しこじつけのように思えるかもしれないが、北緯40度の付近の都市または国で新型コロナウイルスが多く発生している。




中国でも話題に

「この一本の線は興味深い、新型コロナウイルスの被害が重大な国は全て北緯40度上にある。」
「現在イタリア、イラン、韓国、日本などの国で新型コロナウイルスが蔓延しており、緯度の観点から見ると全て北緯40度上に集中している。つまり新型コロナと気候は何か関係があるのかもしれないし、季節的に流行するものなのかもしれない。推測では、気温が安定的に20℃以上になると、ウイルス感染は基本的に収束するだろうと言われている。頑張ろう!」

偶然ではない説

「偶然北緯40°上にある」「なにかを示唆している」「ウイルスが生存できる気温限界ライン」「重要な都市が全て北緯40度付近にあるから」などいろいろな声が上がったが、いったいこれは偶然なのだろうか?







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加