米政府「顧客の位置情報を販売した携帯キャリアは罰金」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

米国連邦通信委員会は本日、データへの不正アクセスを防ぐための「合理的な手段」を講じずにリアルタイムの顧客位置情報を不適切に共有および販売したことで、米国の主要な無線通信会社に対して罰金を課しました。

本日発表された声明で、T-Mobileは9100万ドルを超える罰金を支払う事態に直面していますが、FCCはAT&T、Verizon、Sprintにもそれぞれ5100万ドル、4800万ドル、1200万ドル以上の罰金を支払う命令になっております。

罰金は、各キャリアが保護なしで顧客の位置情報へのアクセスを販売した期間と、各キャリアがアクセスを販売したの数に基づいて異なります。

提案された罰金に加えて、FCCの声明は、許可なしに顧客の位置データを開示した4つの通信事業者に警告しています。

「アメリカの消費者は、どこにいても携帯電話を持ち歩く、そして顧客の位置に関する情報は非常に秘匿性が高い。」


FCCはすべての電話会社に顧客の個人情報を保護することに関する明確なルールを持っていました。
そしてこれらの企業は、このデータを保護するために合理的な予防措置を講じる必要があり、そうでない場合はFCCが強力な執行措置を講じることなります。同様にFCC議長のAjit Pai氏は「FCCは、アメリカ人のプライバシーを危険にさらす電話会社を容認しない。」と主張
米国の4つの主要通信事業者はすべて、LocationSmartやZumigoなどのデータアグリゲーターに顧客の位置情報を販売しそれらの企業はサードパーティの位置情報サービスにデータを再販したようです。

データは最終的に法執行機関の役人、報奨金のハンター、債券業者などに提供されたようです。

本日FCCが提案した罰金は最終的なものではなく、各キャリアには最終的な罰金が課される前に、議論に応じる機会が提供されます。

最近ではロケーションがユーザーの知らないうちに利用されていたりすることが多いが世界中で個人の大切な情報である位置情報の乱用を防ぐような法律の制定が必要だと思われる。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加