シャープがマスク生産に着手 1日15万枚の製造

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

新型コロナウイルスの感染拡大のため、シャープがマスク生産を始めることが明らかになった。3月中に1日15万枚を生産し、50万枚の生産を目指すとのこと。

シャープは、生産ラインを作った。三重県の液晶ディスプレーを生産する工場で、マスクの生産を始める。シャープの工場には、液晶ディスプレーを生産するクリーンルームがあり衛生環境が確保されているため、マスクの生産に使用することを決めた。

新型コロナウイルスがパンデミック化し、マスクの品薄が続いている。政府は、新たらしく整備する製造ラインに補助金を給付する制度を設け、生産にあたるメーカーを公募していた。

マスクが手に入りづらい問題の解決に向けて、政府は、月間4億枚のマスクの供給量を海外からの輸入も含めて、3月中に、6億枚にまで増やす計画を明らかにした。

シャープのような異なる業種によるマスクの生産が、品薄の状況を解消するかが注目されそうだ。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加