【長者番付】中国がアメリカの3倍ペースで急増化

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

世界各国の長者番付の最新版「2020 Hurun Global Rich List」によると、大中華圏(香港台湾を含む)での資産10億ドル以上の富豪が一年で新たに182人増え、億万長者は合計799人となった。

同期間にアメリカで億万長者になったものは59人で、大中華圏はアメリカの約3倍ペースで増加した。同誌の創業者であるルバート・フーゲワーフ会長は「中国では今日、アメリカとインドを合わせたよりも多くの億万長者がいる」と述べた。(アメリカ629人、インド137人)




新型コロナの影響を逆手に

「オンライン教育」の画像検索結果

新型コロナウイルスで中国経済は大きな損害を受けているが、同時にオンライン教育、オンラインゲーム、ワクチン関連の株価が上昇している。

中国の億万長者トップは

中国の長者番付トップはアリババ・グループ創業者ジャック・マー氏で、資産450億ドル(約4兆9000億円)で世界21位であるが、近年アメリカ電気自動車大手テスラの株が急上昇し、最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏に追い抜かれた。

「ジャックマー」の画像検索結果

世界の長者番付のトップは米アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏。資産1400億ドル(約15兆3000億円)で三年連続の首位となった。

Source







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加